スキンケアはいつでも十分な保湿が必要

日本は四季があり、気候も変化しています。

それに対応したスキンケアが必要です。

しかし、保湿だけは別で、季節や気候に関係なく、十分に保湿を行うことが大切です。

肌が乾燥してしまうと、バリア機能も弱くなってしまい、外からの刺激に弱くなってしまいます。

そのため、どうしても肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

肌は十分に水分を蓄えておくことで、潤いを保つことができ、健康な状態を維持することができます。

常に健康な肌を保つためにも、できるだけ保湿を意識したスキンケアを行うようにしたいものです。

夏の保湿対策

一年の中でも夏は汗をかきやすいので、保湿はあまり関係のないように思えます。

以前の私もそう思っていたことがあり、夏の暑さを理由に、あまり保湿対策をしていませんでした。

しかし、しばらくして自分の肌を見てみたら、汗はかいていても肌荒れがひどくなっていました。

汗は体内の余分なものが出て行くのに対して、保湿は体内に吸収される必要な水分補給です。

自分の肌で実際に確かめて、改めて汗と保湿が違う水分の働きだということがわかりました。

夏用のスキンケア用品の中でも、できるだけ保湿効果のあるものを選ぶようにしたいものです。

また、使用感はサッパリとして清涼感のあるものが嬉しいです。

私も夏の肌荒れを経験してから、保湿をきちんと行ったことで、肌荒れが治り、健康な状態に戻すことができました。

春の保湿対策

冬は寒さや空気の乾燥などで、どうしても肌へのダメージが大きくなってしまうので、最も保湿対策をしている人も多いと思います。

しかし、春は花粉や紫外線だけではなく、乾燥もかなりある季節です。

春は1年の中でも、もっともさまざまな肌トラブルになりやすい季節と言っても良いでしょう。

保湿は肌の潤いを保つだけではなく、免疫力を高めてくれます。

さまざまな刺激によって肌荒れは起こりますが、それに負けない健康な肌であれば、肌荒れが起こりにくくなります。

また、春は環境も変わる時期なので、ストレスも高くなりやすい季節です。

春は暖かくなってきて、スキンケアも怠りがちになってしまうかもしれません。

しかし、春こそきちんとスキンケアを行っていきたいものです。

まとめ

肌は外からだけの保湿ではなく、内側からも行うようにしていきたいものです。

日頃から適度な運動を行うことで、汗をかきやすくなり、それが保湿効果にも繋がっていきます。

また、水分補給もこまめに行うようにしましょう。

体の中が乾けば、同時に肌も乾いてしまいます。

体は全て繋がっているものなので、肌だけではなく、身体全体を通して保湿対策を行っていくようにしたいものです。

※保湿はもちろん、様々な役割を果たすオールインワンジェルのおすすめランキングをご紹介☆

サイトマップ